横須賀の歯医者による予防歯科で子供達の歯を守る

東京都を除いた全国の都道府県では子供の数の減少が続いているのが現状で、子供の数が100万人を越える都道府県は東京都、神奈川県、愛知県、大阪府と4箇所にとどまっています。

神奈川県でも子供の数の減少は深刻さが増していますが、子供の数においては東京都に続き全国で2位という結果になっています。

このように、比較的子供の数が多い神奈川県では、小児歯科医院も横須賀などに多く存在し、特に横須賀の多くの歯医者では子供達の歯を守る為に欠かせない予防歯科が設けられています。

★Check!–>横須賀の歯医者

予防歯科では歯医者でのプロケアと、自宅で行なうセルフケアを同時に取り入れていくことで、虫歯の発生を最小限に抑えることを可能とします。

歯医者で行なわれるプロケアは、口腔内診査、スケーリングと呼ばれる歯石、歯垢の除去、そしてフッ素塗布といった専門的なケアが行なわれるとともに、自宅で行なうセルフケアの中心ともなる歯磨き指導がされます。

一般的には、プロケアを行なってもらう歯の定期健診は6か月に1度という頻度ですから、次の検診までの間は、歯医者や歯科衛生士に受けた指導にもとづき、自宅でセルフケアをしっかりと行なうことが大切です。

歯磨きの際は、フッ素配合のハミガキ剤を使って一本一本丁寧に磨き、できるだけ歯垢を残さないようにしましょう。

歯磨きでは取り除けなっかた歯と歯の間の歯垢には、デンタルフロスを使用するようにします。

歯磨きの仕上げとして、殺菌効果のある薬用デンタルリンスを使用すれば、お口のすみずみまで洗浄することができます。